ドル円が膠着したままだ。

たくさんの期日の近いオプションに囲まれており、
明らかにその影響があることはわかる。

下がってもガンマの買い戻し、上がればガンマの売りが入る。
しかし、それだけなのだろうか。

参加者が減っていること、投機筋が減っていること、
機関投資家が為替リスクを取らなくなったこと、
ヘッジファンド等の関心が薄らいでいるということはあるのだろう。

日本株にも海外勢の断続的な売りが入っているが、
これは下げを取っているというより、
日本への関心がなくなったということなのであろう。

ボラティリティを売って、
利回りをあげようとする金融商品がまた増えてきたのであろう。
マーケットはポジティブガンマとなり、上も下もなくなってくる。

でも、なにか突発的な事件が起こると、
こうしたボラティリティを売っているマーケットは脆い。

仮にハードブレクジットがあったとしたら、
急激な円高に見舞われることになるだろう。