最初の拒否
日本の金融庁は、同国で暗号交換を実施するための申請を却下する準備が進められていると伝えられている。日経はこれを初めて行った。

この決定は、横浜に本拠を置くFSHOがビジネスを運営するために必要なシステムを欠いているという結論に続くものである。日本。

日本は最後に暗号暗号交換を拒否するFSHOは、日本では暗号交換の「見通しのあるディーラー」または「準オペレーター」です。つまり、FSAへのアプリケーションのレビュー中に暗号交換を操作することが許可されています。ディーラーとみなされるディーラーは16人あります。しかし、同機関は最近、8人が申請書を撤回すると指示したと述べた。

一方、日本には完全にライセンスされた16種類の暗号化交換があり、約100社がYahoo! 日本、ラインコーポレーション、コインベース。

是正命令による中断
日本は最後に暗号暗号交換を拒否するFSHOは、1月にハッキングされたCoincheckだけでなく、FSAから2件の処罰命令を受けた日本の他の暗号交換機関でもある。第1回は3月8日、第2回は4月6日に開催されました。

3月の命令では、FSHOの3月8日から4月7日にかけての暗号化に関する業務を中断し、事業改善命令を出した。同社は、「ユーザー情報を安全に管理する立場を確立する」などの4つの業務分野を修正するように指示された。改善された措置は3月22日までに代理店に提出された。

2番目のサスペンションに従う拒否
4月8日から6月7日まで、4月には同社の暗号化に関するすべての業務を中止し、別の事業改善命令を出した。

日本は最後に暗号暗号交換を拒否するこの2番目の注文には、5つのビジネス改善領域が含まれています。そのうちのいくつかは、最初の注文と同じです。新たな分野には、「マネーロンダリングとテロ資金を含む効果的な管理システムの確立」とリスク管理システムがあります。同社は5月7日までに代理店の変更を報告することになっていた。

日経平均は、この見直しに基づき、「取引所は、犯罪が疑われる取引や顧客預金が流用される可能性がある場合に、顧客の身元を十分に検証していない」とし、

休止期間は木曜日の終わりのためであり、その後、代理店は取引所の運営を拒否し、登録を拒否する。