首相がBTC市を訪問
BTC City – スロベニア最大のショッピングセンターが「真のBitcoin City」になる
Miro Cerar
スロベニア首相ミロ・セルラは、最近、リュブリャナ首都の475,000平方メートルの商業・商業施設であるBTCシティを訪れました。

FintechのスタートアップEligmaは、BTC Cityの多数の小売店で使用されているPOSシステムを作成し、Bitcoin Cityに変換しようとしています。商業施設を「ビジネスとショッピングのエコシステムをベースにしたブロックチェイン、AI、クリプトクロスなど最新の技術的ソリューションについて、Eligma氏は次のように述べています。
彼の訪問の目的は、デジタル社会とブロックチェーンに専念するBeyond 4.0国際会議を開き、Bitcoin CityになるBTC Cityの戦略を知ることでした。
午前の会議で、Cerar氏は、スロベニア国務長官Tadej SlapnikがElipayの暗号暗号取引システムを通じて「秘密のコーヒーを買った」というメッセージを受け取った。
都市でのElipayウォレットの最初の成功した使用は、ビットコインを使用して、4月に複合施設のウォーターパークで支払うことでした。Eligmaは、近い将来、Bitcoin現金とElipay自身のロイヤルティ報酬トークンを使用することもできると付け加えた。

BTC市が「真のBitcoin City」になる
1954年に倉庫および物流企業として設立されたBTC社は、リュブリャナの北東に多くの倉庫を追加しました。1990年には商業用ショッピングエリアとして改装され、BTCシティという名称が採用されました。それ以来、ホテル、スポーツ複合施設、カジノ、マルチプレックス映画館、ウォーターパーク、スロベニアの最も高い建物、クリスタルパレスのオフィスパークを含む大規模な商業施設を追加して以来、500以上の小売店があり、BTCシティーのウェブサイトは、国内で最も大きく、最も人気のあるヨーロッパのビジネス、ショッピング、レクリエーション/レジャー、文化の中心地として有名です。
最新のイニシアティブは、BTC Cityを「真のBitcoin City」に変えることです。同社は、新しいエンティティは次のように主張しています。
最先端のアプローチ(ブロックチェイン、AI、VR [バーチャルリアリティ]、AR [バーチャルリアリティ])に基づいた高度なテクノロジーを開発し、統合するエコシステムを訪問者、消費者、ビジネスパートナーに提供する、拡張現実]、ML [機械学習]とクリプトカルトの世界)。
BTC社は、「Bitcoin Cityは、ユーザーのミッションを追求するとともに、望み、ニーズ、および運営方針に沿ったビジネス環境の開発を可能にするオープンな社会を創造する」と考えています。
BTC Cityのウェブサイトに掲載された計画によると、EligmaのElipayは、Atlantisウォーターパーク、Al Capone、Babadu、Bijoux modni dodatki、Big Bang、Istyle、Vodno mesto San Martino、Sneakers、ミニブロ、キブバ。Blockchain Think Tankと「スロベニアの最大の暗号化マイニングリグ」のほか、一部の一方向暗号化ATMもあります。
BTC社は強調した

Bitcoin CityへのBTC Cityの発展は、BTCのオープン性を重視した戦略の実現に向けた重要なステップであり、顧客やビジネスパートナーに新しい支払い形態での購入に関する自由と選択肢を提供します。