8月のイニシャル・コイン・オファリングによる資金調達額が、2017年の5月以降で最も低かったことが明らかになった。11日付けのブルームバーグがアウトノーモス・リサーチのデータを引用する形で報じた。イーサリアム価格が低迷している背景には、ICOへの需要が減少しているという見方が出ており、今回のデータはそれを裏付ける形となった。

データによると、8月にICOで調達された額は3億2600万ドル(約362億円)で2017年5月以降で最低。今年1ー3月の平均である約30億ドル(約3330億円)のほぼ10分の1となっている。
イーサリアムの価格低迷に関して5日、ICOの売り圧力ではなく需要減少があると、仮想通貨投資顧問などを手がけるD2キャピタルの共同創設者プリモズ・コーデス氏がブログで主張。イーサリアムが年初来から約80%下落している理由として、ICOの主催者が相次いでトークンを売却して現金化しているという見方が多いが、コーデス氏は8月に売却されたイーサリアムは10万ほどで、これは今年の平均の3分の1ほどにすぎないと指摘した。

リサーチとコンサルタント事業を手がけるグレースパーク・パートナーズによると、イーサリアムをプラットフォームとして使うICOは全体の86%に上っている。