Bitflyer、市場操作の崩壊

ボリュームでの日本最大の暗号化交換Bitflyerは、まだ新しいアカウントのサインアップを受け入れていません。この交換は、金融機関である金融庁(FSA)から事業改善命令を受けた後、自主的に決定した。Bitflyerは木曜日に発表した:

(当社の利用規約に従って、当社は意図的に市場操作または他の形態の悪意ある市場価格を設定したことが観察された口座を凍結する可能性があります。健全な取引環境を構築するために引き続き努力してまいります。)

Bitflyerが受け取った事業改善命令には、Bitflyerが暗号市場操作を打破し、8月に再開する適切かつ信頼できる事業運営を確保するための10の措置が含まれているとFSAは詳述しています。同時に他の5つの取引所が改善注文を受けました。しかし、Bitflyerのものとは異なり、彼らの商品は10個未満で、「管理システムの抜本的見直し」は含まれていません。

Bitflyerは、FSAの命令を遵守しようとすると、預金と引き出しを延期しています。その後、7月23日に交換所は改善計画を同省に提出した。
GMOコイン、今BTCを借りたい
日本のインターネット大手GMOグループは、木曜日に四半期決算を発表した。同社は、第2四半期に、暗号化価格の急激な下落により第1四半期に損失を計上した後、暗号ビジネスの営業利益を計上した、とGMOは説明した。

(仮想通貨事業では積極的な販促活動により着実な口座開設ができました…営業収益は1,612百万円(14.5百万米ドル)、営業損失は258百万円(2.3百万米ドル)でした。)

一方、GMOインターネットの暗号交換部であるGMO Coinは、現在BTCに融資したい顧客からの申請を受け入れている。顧客は7月24日から8月6日の間に申請することができます。借りる最低GMOは10BTCで、最大は200BTCです。交換局 は、5月にこのプログラムの発売を発表した。

8月に再開する
1月のハック以来、Coincheckは新しいアカウント登録を中止しました。マネックスグループの松本沖社長は、金曜日、8月にコインクチェックを再開すると発表した。

このグループは、1月にハッキングされた後、4月にコインクチェックを買収した。マネックスグループの4月から6月の業績によれば、コインクチェックは259百万円の税引前損失(233百万ドル)を計上した。

松本は詳しく述べた.

(私は8月に完全なCoincheckサービスを再開したいと思っています… Coincheckのマネジメントシステムは、マネックスグループの参入により大きく改善されました。)

一方、マネックスは米国の子会社であるTradestation Groupを通じて暗号市場に参入しようとしている。