スイス最大の銀行UBSは最近の調査で、ビットコインが米ドルを置き換えるためにはおよそ213,000ドルに達する必要があり、さらに「お金や資産クラスと見なされる」必要があるとしている。
当社の調査結果によると、Bitcoinは現在の形ではあまりにも不安定であり、グローバルトランザクションや主流の資産クラスのための実行可能な手段となるためには限定されています。
同様に、ゴールドマンサックスのアナリストZach Pandl氏は顧客に送った報告書にて「長期的に、暗号通貨が成熟し、主要な資産クラスに進化するにつれて、ビットコインのようなデジタル通貨は、リターンは低くなるが高いレベルの安定性を示すだろう。よってゴールドなどに似た新たな安全資産のような役割を果たす。」と語っている。

すでに米国フロリダ州の上院議員ではビットコインをお金と認識する草案がつくられている。

Imperial College Londonと取引プラットフォームeToroの研究者は、ビットコインと他の暗号化通貨は、お金のための論理的な “次のステップ”であり、新しい調査によると、主流の支払い形態に近づいているという見解を示した。
彼らは、3つの主要な基準を、価値の記録、交換の媒体、会計単位として機能することができるものとして挙げている。
ビットコインは従来の通貨を10年以内に置き換える

今後ライトニングネットワークなどの技術的改善が進むにつれてビットコインの普及は促されるかもしれない。